読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから立ち直る

んにちは、アイです!

 

 

今回は私の高校生時代の話をしようと思います

高校生時代の私は

まさに生き地獄の中にいました

 

 

 

 

というのも中学のときと環境が変わり、

自分に合う人が一人もいなかったんです

 

 

 

 

うるさく騒いでいる自分勝手な人たち

よくわからない趣味を持っているオタク

 

人のことを馬鹿にしかできない人

自慢話ばっかりの噂好きな人

 

 

 

 

中学と同じ部活を続けようと

見学した部活では

 

 

やたら話が長くて、自慢話が多い外部コーチ

人前で大きな声を出す事を供用されたり

 

出来なかったり、気に入らないことがあると

すぐに胸ぐらをつかんでくる先輩だいたり

 

 

 

 

いわゆる体育会系てきなノリです

結局その部活には入りませんでした

 

 

もしかしたら普通のことなのかもしれませんが

当時の私にはあまりにも絶望的な環境でした

 

 

極度の人見知りで

心からの親友と呼べる人は一人も出来ず

自分に嘘をつき続ける毎日

 

 

 

昼食の時間も全く楽しくありませんでした

他の子達はなんであんなに楽しそうなんだろう

嫉妬していました

 

 

この頃の私は、毎日を楽しく生きている

キラキラ人たちに憧れていたように思えます

 

 

 

 

体育の時間にペアを組んで練習する時には

いつも私が余り物でした

 

最初のうちは恥ずかしいと思っていましたが

慣れてくるとペアがいないことが

当たり前になってきました

 

 

 

 

同級生や先輩と話していても

上手く自分を打ち明ける事ができずに

いつもケータイの画面に逃げていました

 

 

 

帰り道は一人で河川敷を散歩して帰っていました

それが私のほんの少しの楽しみでした

 

 

 

帰りも一人。。

 

 

 

 

だんだんそんな毎日がツラくなってきました

毎日学校に行く旅に

”誰かと同じ空間にいるのに一人"

という孤独感が襲ってきました

 

 

 

それだけならまだ

よかったのかもしれませんが

私はいじめられやすい体質なのでしょうか

 

 

 

 

高校でも隠居な軽いいじめを受けました

いじめは一度経験しているのである程度

免疫はついていましたが

やはり心地よいものではありません

 

 

 

 

日に日に追いつめられていきましたが

家にも家族にも

相談することはありませんでした

 

 

 

相談しないというより

相談できる人がいなかったのです

 

 

 

「なんで自分だけがこんな目に」

「誰からも必要とされていないんだ」

「私は悪くない、助けてくれない学校が悪いんだ」

 

 

この時は毎日よくないことばかり考えていましし、

 

 

 

自分以外の人は

(こういう言い方は好きではありませんが
 当時の私がどれだけひどい状態だったか
 分かってもらう為にあえて書きます。)

 

 

”お気楽に生きているクソ馬鹿やろう”

と本気で思っていました

 

 

今ではこんなことは全く思わないので

当時の私や環境が

よっぽどひどかったんだと思います

 

 

 

 

環境によっては人は変わりますし

子供のときは特に環境に

影響を受けやすいですからね

 

 

体も心もボロボロな状態でした

 

 

 

 

毎朝起きるのがツラい

学校に行きたくない

学校に行ってなんになる

馬鹿なやつらの顔も見たくない

 

 

そんな所からも頑張って就職したわけですが

 

 

こんな状態であったにも関わらず

就職できたのか?

 

長くなってしまったので

続きは次回お話しますね