読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病と分かっていながらも就職できました

んにちは、アイです!

 

 

前回は高校時代の私が

いかにひどい状態だったのか

という事実を書きました

 

 

 

今回はその続きです

 

 

 

環境も心もひどい状態だった

にも関わらずなぜ就職できたのか

ということをお話していきます

 

 

 

高校の時の私は

心からの親友と呼べる友達を作ることが出来ずに

 

 

 

 

毎日一人だったので

周りからのけ者にされ

 

明らかに下に見られ、

バカにされている状態でした

 

 

 

 

私は大して勉強が出来る方でもなく

成績はいつも中の下でした

 

 

ですが、高校に入ってから

そんなバカにされている状態だったので

 

 

 

 

「こいつらに負けたくない」

と思って勉強した結果

最初のテストで1位をとることが出来ました

 

 

といってもクラスの1位ですから

40人中ってことになります

 

 

「このまま1位をとって

大企業に就職してやる!」

 

そう決めました

さらに”周りのやつらを見返してやる”

という決意もありました

 

 

 

 

 

もちろん就職するまでに

いろんな苦労がありました

 

 

 

 

いい所、安定したところに就職するために

猛勉強しました

成績や内申を上げるためです

 

 

テスト前日には

朝まで勉強していたり

 

 

 

テストは毎年ありますから

高校生活の中で精神状態が安定していた時は

ほとんどありませんでしたから

 

 

 

 

その中で勉強を続けるのは

とてもツラい苦しいことでした

 

 

 

 

 

また、死にたいと思う事も何度もありました

 

 

ですが、友人に裏切られても

いじめられても、

自分の決意だけは裏切りたくはなかったです

 

 

 

 

自分を信じてボロボロになりながらも

なんとか就職することができました

 

 

 

ただ、この時は根本的な

うつ病の原因となっている所を

解決していなかったので

心も体もボロボロになっていました

 

 

指一本で簡単に壊れてしまうくらい

 

 

 

 

そんな状態でもなぜ就職できたのか?

と聞かれると決意していたという事だけです

 

 

 

決意していたから就職する事ができました

もっと言うなら、

決意した自分を裏切りたくないから就職できました

 

 

 

 

就職できたまでは、まあよかったのですが

就職に専念した結果

さらにひどい状態になってしまいました

 

 

 

 

就職すればいくらか

マシになると思っていたのですが

それは間違いでした

 

 

 

原因を取り除かない限り

うつ病はずっとつきまとってくるのだと

身をもって実感しました

 

 

 

そうしているうちに厳しい

社会人生活が始まっていました

 

 

 

今日はここまでです

読んでいただきありがとうございました

 

続きは次回にお話します